【ミニマリスト】ミニマリストの嫁 vs プレゼント好きなお義母さんの戦い!

ミニマリスト

こんにちは~♪

green-smileです☻

   

今日は朝からすごい風。

お外に洗濯ものを干したら持ってかれるレベルでした。

   

Googleフォトで写真の整理をしていたら、懐かしいことを思い出したので書いていこうと思います。

プレゼント好きなお義母さんとの闘いの歴史

結婚するともれなくついてくるお姑さん。

旦那さんとは、

「結婚したい!」

と思うからにはある程度は付き合って分かっている部分もあるかと思います。

ですが、お義母さんは付き合っているときに会うことはあっても、そんなに深くまでは交流がないのがほとんどではないかと思います。

私は付き合って1か月でお家に連れて行ってもらったので、どんな家族構成でどんなお家に住んでいるか?が分かって安心していました。

ですが、結婚して気づいたこともでてきました。

結婚前には気づかなかったこと

結婚してから

「え!?そうだったの!」

ってことはたくさんあると思います。

旦那さんの家は、

おじいちゃん、おばあちゃん、お義母さん、お兄ちゃん、旦那、弟くん

で6人で一軒家に住んでいました。

お家を建て替えたばかり結婚当初は築3年とかだったと思います。

なので、気づかなかったんです。

家族全員が捨てられない人だということを。

結婚当初は、すっきりモノがまだ隠れていて気づかなかったんですが、お家にお邪魔するたびに、モノが増えていって初めて気づきました。

今では、泊まるときに借りる客室もモノが大量にあって、そのモノとモノの間に寝てください!って感じです。

そして、もう一つ気づいたことがありました。

それは、お義母さんが人にモノをあげることが好きなこと。

①愛想笑いで受け取る

家族になって日も浅かったので、こんなこといったらお義母さんイヤな気持ちなるよな~と。

なので、なんとなく貰っていました。

ですが、どんどんペースアップ!

毎回服飾関係をプレゼントしてくれるようになってしまったんです><

Tシャツやバッグ、スカーフなどなど・・・。

これ1,000円だったんだよ!かわいいでしょ~♪

これはマジで困りました。

パパの実家は男三人兄弟で、初の嫁だったこともあり、お義母さんも嬉しかったんだと思います。

それを知っていたから最初は受け取っていたのですが、使わないけど捨てられないプレゼントがストレスになったきました。

 

②パパにそれとなく伝えてもらう

パパも私が受け取っているのを見て

「もらったらいいじゃん?要らなかったら捨てればいいんだし!」

と言っていました。

ですが、まだこの時は私はミニマリストなりたてで、プレゼントを捨てるなんて!しかも、使ってないのに・・・、と捨てることができませんでした。

その当初は、私がミニマリストを目指しているだけで、パパは

「俺の荷物は勝手に捨てないでよ!」

と言うだけで、理解は示してくれませんでした。

でも、趣味の合わないTシャツやバッグ、そもそも使わないスカーフが貯まっていくのが本当にストレスな日々。

お義母さんに直接宣言することができない!と思ったので、

パパに、

green-smile
green-smile

お話があります!

と、宣言して自分の気持ちをまずはパパにお伝えしました。

パパも捨てられない人なので、私の気持ちを理解してくれました。

そして、お義母さんにそれとな~く伝えてもらいました。

でも、このそれとな~くがよくなかった><

と気づいたのは後からでした。

 

③自分ではっきり宣言

それから1か月したごろにまたお義母さんのお家にお邪魔すると・・・、

勇気をもってお伝えしたのにまたTシャツをまた用意されてしまいました。

green-smile
green-smile

え!?この間ちゃんとパパが伝えてくれたはず

と焦りました。

だけど、お義母さんにはパパの伝え方がそれとな~く過ぎたようで、息子の戯言と受け取られたみたいでした。

お義母さんの中ではプレゼントはどんなものでも嬉しいはず!という解釈だったんだと思います。

これは伝わってない。

はっきりと言わないと伝わらないんだ!と気づいた私は

「お義母さん、服は自分で選ぶのでプレゼントは食べ物でお願いします」

と、やっと自分で宣言しました。

 

④宣言を行動で示す

一生付き合う、よい関係を築きたいと思っているお義母さんに

「要らない!」

と自ら宣言してから1か月後ぐらい。

また忘れたかのようにTシャツをプレゼントしてきちゃたんです><

え~!?デジャブ?

そして、嫌な嫁になる覚悟でさらに強めにお伝えしました。

「お義母さん、服は自分で選ぶのでいらないです!」

 

ですが、まだまだプレゼントが喜べないなんて、遠慮してるのね!と受け取られたようで、その後のやり取りはこんな感じ

お義母さん:「でも、買ってしまったからもらってよ~♪」

私      :「・・・」

お義母さん:「ね~(^_-)-☆」

green-smile
green-smile

・・・じゃあパジャマとして着ますね

と受け取らなければいけない感じに。

でも、もらったのは明らかに外行き用のちょいかわいいTシャツ。

その日はお泊りしたので、そのまま本当にパジャマとして着させていただきました。

お義母さんは、

(本当にパジャマにするなんて・・・)

って顔をされていて心が痛みました。

が、ここは分かってもらわないと本当に永遠に要らないモノを渡されてストレスを抱えてしまうのでがんばりました。

 

その後、モノとしてのプレゼントをもらうことはなく無事に過ごせています。

 

プレゼント=嬉しい

は、固定概念だと私は思うんですが、私の母世代(60代)には理解できないみたいです。

そもそもモノがあふれている状態で育っている世代なのかな?と思うので。

友達などのプレゼントを断るよりムズカシイのがお義母さんや親せきだと思います。

近い関係ほど、きっぱり宣言しておかないと一生プレゼントされ続けるので、私がした方法のどれかを参考にされたら、気づいてくれるかな?と思います。

どなたかの参考になったら嬉しいです。

明日から相場も連休ですね。

ブログも毎日更新でがんばってネタをためようとしたのですが、1つ書くのがやっとでした・・・。

連休明けからまたブログは更新していこうと思います。

ではでは~♪


にほんブログ村

ぽちっとしてもらえると励みになります♪

よろしくお願いしますm(__)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました