【資産運用】トヨタさんでスイング利確!

日本株

こんにちは~♪

ご訪問ありがとうございます☻

   

今日はスイングでの利確報告です♪

デイトレードもトヨタさんをこのところしているのですが、チャートの形をいつも見ているので、スイングもここで買えたらいいな~♪というところで買い指値をいれています。

スイングといっても私は株の値動きが分からないので買ってから売れるまでを1週間ぐらいでできたらと考えています。

ではその内容をご紹介します。

買い指値はどこにいれたのか?

デイトレは買ってから売れるまで短い時間で完結をしたいので、1分足と5分足、そして日足チャートの3つを見ています。

スイングは買ってから売れるまでを1週間ぐらいを考えているので週足チャートを見ています。

今回の買い指値も週足チャートを見ながら入れました。

2021年8/20に1783円と1800円を割ってきました。

材料としては

GMやフォードなど自動車株が下落。トヨタ自動車とフォードが生産調整を実施することを発表したことが嫌気されている。トヨタ自動車は、9月の世界生産が当初計画から4割程度縮小する見通しを明らかにした。東南アジアでの感染拡大に伴う部品供給不足が続いており、9月も国内組立工場の生産調整を行うという。

このときは、25日移動平均線を大きく割って反発しています。

10/6に1840円と安値。このときは1850円を割って反発しています。

材料としては、円安進行でプラスだが警戒材料も多いということで下げたようです。

中国の景気減速懸念は拭えず、半導体不足や新型コロナウイルスによる生産設備への影響などサプライチェーン問題が株価の重石となっている。

今年2月には25日移動平均線を下回ってきて、チャートがさらに下にいくなら75日移動平均線を下回ってきたところで一旦反発するのでは?とかんがえました。

去年の下値抵抗ラインとして1850円と考えたので、2月中旬から買い指値を入れました。

買えたときの状況

下がるのかな~と疑心暗鬼だったのですが、3/7材料が出て大きく下落しました。

材料としては、

ロシアに駐在する社員全員に帰国を指示しており、ロシアにおける事業存続が難しい状況となった。

ということでしたが、3/8に1805円の安値を付けましたがそこから反発する形になったようです。

この日はデイトレには参戦しなかったので、買えてから気づき

え!?買えちゃったんだ…

とかなり不安になりました。

買えないだろう…で入れていたので買えていてびっくりしてしまいました。

デイトレしない日にもきちんとニュースだけは確認しなきゃ!と改めて。

どこに売り指値を入れたのか?

スイングの売りの利確は、年間配当金を超えたところを目標にしています。

トヨタの配当はこちら

9月と3月に配当がでて予想では年間48円~58円なので、だいたい5,000円ぐらいになるようです。

株価が2,000円までは戻らないにしても一旦1950円あたりまでは戻る可能性が高いと考えたので1950円で売り指値を入れました。

3/7 1850円指値買い→3/15 1950円指値売り +10,000円

ここから20%の税金が…となりますが、こちらジュニアNISAで購入したのでまるっといただけます。

スイングでもコツコツ安全第一で!

ジュニアNISAなので下がっても配当がもらえるので、そこまで上がらなければ保有し続ける。

売り指値まで行って売れたとしたら年利5.4%と5%を超えてくるので売り確定と考えました。

反省

買うときの指値がちょっと甘かったかな?と思っています。

1800円ラインまで一旦下げた時があったのなら、1800円でよかったのでは?と。

買い指値を入れているときは

ここまでは下げないでしょう

と思いながら入れるのですが、買えると

なんでこんな浅いところで拾ってるんだ…

となるんですよね。

でも、買ったところがちょっとでも高いと目標の売りラインまでなかなか上がらずに不安になってしまいます。

スイングは高配当な銘柄を選んでいるので、売れずに保有になったとしても配当がもらえるならヨシ!の方向でよいとしたいと思います。

ただ、買い指値を入れているときはデイトレしなくともその銘柄のニュースだけはチェックするべし!

と改善していけたらと思います。

自分の記録ですが、どなたかの参考になったら嬉しいです♪

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました