【家計管理】老後の生活を見える化してみよう~①まずは、ねんきんネットに登録してみる!

家計管理

こんにちは~♪

ご訪問ありがとうございます☻

   

老後資金3,000万円必要だと言われています。

金額を言われても本当にそんなにかかるのか?ちょっと疑問でした。

まずはもらえるお金を知ることで、老後生活を具体的にしていくことが安心にもつながることだと考えました。

ねんきんネットは、ネットで受給見込額を確認することができるので、働き方が変わってもすぐに調べることができます。

少し手間ですが登録しておく価値はあるかな~と思います。

今回はパパの分の登録をしたので、登録方法を詳しくかいてみました。

年金受給見込額を知っておく

はがきで届いているねんきん定期便をチェックすると年金受給見込額を知ることができます。

こんな様式で見られることと思います。

ねんきんネットに登録するとネットでいつでも確認することができるのでおすすめです。

https://www.nenkin.go.jp/n_net/

マイナポータルか?ねんきんネットからか?

年金を知るためには、ねんきんネットから調べることができます。

そして、ねんきんネットの登録方法は大きく2つ。

  • マイナポータル
  • ねんきんネット

まずはマイナポータルとはなんぞや?といったところから

マイナポータルは、政府が運営するオンラインサービスです。子育てや介護をはじめとする、行政手続の検索やオンライン申請がワンストップでできたり、行政機関からのお知らせを受け取れたりする、自分専用のサイトです。

内閣府ホームページより

ねんきんネットにログインできたり、マイナンバーカードを健康保険証代わりにできるなどの登録、などなど行政機関への申し込みなどいろいろなことができます。

マイナポータルはこちら

トップページ | マイナポータル
マイナンバーカードを使った様々な行政の手続やお知らせの確認が​オンラインで24時間可能です!

マイナポータルに登録するためには

パソコンとICカードリーダー持っている

スマホをもっていて、そのスマホがマイナポータルアプリの対応機種であること

が必要です。

スマホで登録したい!という方は、お持ちのスマホがマイナポータルAPに対応している機種か調べてみるといいかと思います。

マイナポータルアプリに対応しているスマートフォン等を教えてください。 | よくある質問|マイナポータル
マイナポータルアプリに対応しているスマートフォン等は以下のとおりです。(2022年11月16日時点)   なお、記載の通信事業者以外の携帯電話サービス・公衆無線LA

    

私はICカードリーダーなし!スマホはアプリに対応していなかったためねんきんネットからの登録をしました。

ねんきんネットは年金についてのみですが、調べることができます。

ねんきんネットはこちら

https://www.nenkin.go.jp/n_net/

ねんきんネットの登録方法は、ネット環境があれば可能です。

ねんきんネット登録の前に準備すべきもの

  • 基礎年金番号
  • アクセスキー

基礎年金番号は、青色の年金手帳やねんきん定期便に書いてあります。

アクセスキーは、ねんきん定期便に記載されています。

こちらの赤いの線で囲っているのがアクセスキーになります。

ただし、このアクセスキーの有効期限は3か月なので過ぎると、ネットで申請して再度発行まで5営業日ほどで、郵送で送られてくる形になるようです。

ねんきんネット(アクセスキーなし)登録方法

私は、3年ほどまえに年金定期便が届いたときにねんきんネットに登録しました。

ですが、パパは登録をしていなかったため今回アクセスキーなしで登録をしました。

下記のHPをクリックして

ねんきんネットの利用を始める(ご利用登録)

黄色の線でかこったアクセスキーなしの新規登録をクリックします。

①基礎年金番号入力

②氏名入力

③生年月日入力

④性別選択

⑤郵便番号と住所入力

⑥お客様設定パスワード入力

⑦秘密の質問と答え設定

⑧メールアドレス入力

⑨お知らせメール希望

⑩電話番号入力

を入力すると5営業日ほどでIDが郵送されてきました。

受給予定年金見込額確を確認する

ねんきんネットやマイナポータルで、65歳からもらえる年金支給額を確認することができます。

ねんきんネットで確認する手順を書いていきます。

①ねんきんネットにログインする。

https://www.nenkin.go.jp/n_net/

②【将来の年金額を試算する】をクリック

③【かんたん試算】をクリック

年金制度が「国民年金」「厚生年金保険」どちらかに該当するかが確認できます。

④【資産する】をクリック

受給予定年金見込額が確認できます。

⑤【金額予定】をクリック

⑥支給額の内訳が確認できる

ほぼ専業主婦の私は老齢厚生年金はほとんどもらえず、老齢基礎年金しかもらえないようです。

年金加入期間を調べる

老齢年金を受給するためには原則として10年(120月)以上(平成29年7月31日以前は25年(300月)でした)の年金加入期間が必要です。ただし、10年に満たない場合でも試算を行っております。

ねんきんネットHPより

年金加入期間が10年(120月)以上でないと受給できないようです。

平成29年までは25年(300月)以上だったので少し緩和されているようですが、ここは確認しましょう!

ねんきんネットでの確認方法を書いておきます。

①トップページの【年金記録を確認する】をクリック!

②【月別の年金記録を確認する】をクリック

③ページをdownしていくと【③年金加入期間の情報】の合計期間が表示されている

この緑色の合計期間が10年(120月)以上ならば老齢年金を受給することができます。

さいごに

老後生活を具体的に想像できるためにもまずは年金がどれぐらいもらえるのか?を知るために、ねんきんネットの登録方法をご紹介しました。

登録するのは少し面倒ですが、知ることで安心できるところが大きいと思います。

どなたかの参考になったら嬉しいです♪

来週は我が家の老後の生活費を想像して、予測を立ててみました。

どんなふうに算出したのか?も詳しくかいているので、お時間あるかたは見に来ていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました